1. HOME
  2. 利用規約

利用規約

1.(目的)
会員は、Cooking Style Espoir3n(以下「運営者」といいます)が運営する料理教室(以下「レッスン」といいます)への参加及びそれに関連して運営者が提供するサービスを受けるにあたって、この規約に従うものとします。

2.(予約)
会員は、(1)Espoir3nのウェブサイトで参加を希望するレッスンに予約の登録をし、
(2)運営者が指定する銀行口座宛につき規定された料金を支払うことによって、レッスンの参加を予約することができます。
会員が、運営者が指定する支払期限までに料金の全額を支払わなかった場合には、
その予約の登録は自動的に失効します。
但し、支払期限より前に運営者に通知をして、
支払期限の猶予につき運営者から個別に承諾を得た場合には、この限りではありません。

3.(参加資格)
料理業界の方、または講師の方はプライベートレッスンでの受講をお願いしております。必ずお伝えください。

4.(代理人の参加)
会員は、予約したレッスンにやむを得ない事由により参加できない場合には、自己の代わりに他の者のクラス参加はできません。

5.(会員の事情によるクラス不参加)
レッスンが開催されたにもかかわらず、
担当する講師又は運営者の責に帰せられない事由により会員がレッスンに参加しなかった場合には、
運営者は、年会費、料金の返金その他一切の義務を負いません。

満席の場合、振替や移動ができません。
レッスンにお越しいただけない場合はキャンセルとなります。
また新規募集のお席には、移動できません。

日程が心配な場合は、
確実いらっしゃる日程でのお申込みお願いいたします。

ご予約頂いたレッスンの移動は、
同じ月の同じレッスンで、空席がある場合受付しております。

日程変更の受付は、
レッスン週の月曜日の午前中までにご連絡をお願いしてます。
ご入金頂きました年会費、レッスン料、認定書は
払い戻しが出来ませんので、ご了承願います。

6.(講師等の事情によるクラス中止)
レッスンは、担当する講師又は運営者の事情によりやむを得ず中止されることがあります。
会員が予約したレッスンが講師又は運営者の事情により中止された場合には、
運営者に支払われた料金(会員が払った振込手数料を含みません)の全額を当該会員に返金します。

8.(レッスンの内容の変更)
レッスンでは、食材の入手困難等の事情で、
クラスを募集した時に運営者のウェブサイト上に記載したものとは
異なる内容で実習が行われることがあります。
レッスンの内容によって金額がかわります。
作っていてとてもいいパンや、料理ができましたら
レッスン内容を変更することもあります。

運営者及び講師は、募集時に表示した内容と実際のクラスの内容との間に、
齟齬が生じないように努力をしますが、
レッスンの主要な内容を損ねない範囲で齟齬が生じる可能性があることを、
会員は了承するものとします。やむなく齟齬が生じた場合には、
講師はクラスにおいて会員に説明をします。

9.(レッスンの取材)
レッスンでは会員に対する予告なく報道機関等による取材が行われることがあることを、会員は了承します。
運営者は、取材が行われるレッスンに参加する会員から希望があったときには、個人を特定されないよう取材者に配慮を求めるものとします。

10.(レッスンの禁止事項)
会員は、以下の行為をしてはなりません。

(1) 運営者から特に指定された場合を除き、クラス中に飲食することを目的にノンアルコール飲料以外の飲食物を持ち込み、飲食すること。
(2) レッスンに必要のない貴重品を持ち込むこと。
(3) レッスン内で、物品販売・営業活動を行うこと。
(4) 講師・参加者間の社交と社会通念上評価される範囲を超えた販促活動・布教活動等を行うこと。
(5) 講師・他の参加者に対して著しく迷惑をかける行為を行う等、クラスの円滑な運営・進行を妨げる行為をすること。
(6) レッスンで得た講師のレシピを、当該講師及び運営者の承諾なく、複製して他の者に交付・送信したりオンライン上に掲示したりすること。
(7)  レッスンに参加する過程で知った他の参加者の連絡先の情報を、本人の同意なく、レッスンとは関係ない目的で利用すること。
(8)遅刻は10分すぎるとレッスンに参加することができません。

11.(免責事項)
運営者は、以下の行為について責任を負いません。

(1) 会員の故意又は過失により生じた損害。
(2) レッスンにおける会員の物品の棄損・紛失。
(3) 会員の食品アレルギーや疾患に起因して生じた損害。
(4) レッスンで実習した料理を、会員が持ち帰ってレッスン終了後に食したことにより生じた損害。
(5) SNS等の使用により会員の個人情報漏洩に関するトラブル
(6) 教室内での不可抗力による怪我
(7) 教室内での病気の感染

12.(会員資格の停止)
会員が以下のいずれかの行為を行った場合には、運営者は当該会員の会員資格を停止し、また、当該会員のレッスンへの参加を拒否することができます。本条に基づき運営者が行った会員資格停止又は参加拒否に関して、会員は、運営者に対し、損害賠償等いかなる請求をすることもできません。

(1) (a)予約の登録をした後運営者が指定する支払期限までに料金の支払いをしないこと。
(2) 第5条に違反した場合。
(3) 第11条に違反した場合。
(4) 第12条のいずれかに違反し、その違反の程度が重大であり、将来のクラスの運営の妨げになると運営者が合理的に判断した場合。
(5) 会員が暴力団又は暴力団と関わりを持つ反社会的勢力に属することが判明した場合。

13.(規約の変更)
運営者は、この規約をいつでも変更できるものとします。変更後、会員がレッスンの予約の登録をした場合には、その予約の登録をした時点で、会員は変更された規約に同意したものとみなします。

14.(紛争解決)
この規約及び教室の運営に関する事項はすべて、日本法に基づいて解釈されるものとします。万が一紛争が生じた場合には、運営者と会員は誠意をもって協議することにより解決するものとしますが、協議による解決ができず裁判手続を利用せざるを得ない場合には、東京地方裁判所の専属的管轄に服するものとします。